任意整理手続きの流れと実際の実務について

任意整理の手続きと流れについてまとめます。
任意整理は法的な借金整理・返済方法のひとつですが、裁判所を通さずに債務者の代理人と、債権者の2者によってなされるため、スピーディーにことを進めることも可能です。
実際の債務整理の流れについては以下のとおりです。

 

  1. 相談・説明
  2. 受任通知・債権調査
  3. 利息制限法による引き直し計算
  4. 和解交渉
  5. 和解契約締結・支払い開始

 

相談・説明

相談

まずは借金について弁護士や司法書士に相談しましょう。
借金の現状がわかるものをすべて持って行くようにしてください。
返済の計画を立ててもらうために、収入についても給与明細や帳簿を持って行くとスムーズに進めることができます。
この相談時に任意整理を行うかどうかを決定します。

 

受任通知・債権調査

任意整理をすることに決まったら、弁護士や司法書士は受任通知をすべての金融機関に送付します。
このときに債権調査票も送り、債務の確認も行います。

 

利息制限法による引き直し計算

受任通知と債権調査票を送ると、債権者から取引の明細が送られてきます。
この取引の明細を基に、弁護士や司法書士は利息制限法による引き直し計算を行うことになります。

 

和解交渉

利息制限法による計算結果を用いて債権者との和解交渉が始まります。
借金をどのように返していくかは弁護士や司法書士の腕の見せどころではありますが、ほとんどの場合が以後の利息なしでの分割返済で決着がつくはずです。

 

和解契約締結・支払い開始

和解案が債権者と債務者にとって合意できるものであったとき、和解契約を締結します。
債務者は提示された返済計画に従って借金を返してくことになります。

 

債務の支払いと代理人への報酬支払いが始まる

和解契約、支払い開始となれば、借金問題は解決を見るわけですが、実はここからがスタートになるわけです。
返済年数を伸ばしたり、利息のカットによって支払いが楽になるとはいえ、完済までの道のりをたどることになります。
また、債務の支払いとは別に、弁護士等代理人への報酬の支払いもあります。
事務所によっては、借金の返済と、報酬の支払い時期が同時にならないよう、配慮してくれるところもあります。

 

任意整理はどういう人に向いているか?

3年で完済

任意整理に向いているのは借金の額が比較的少ない人です。
返済期間を3年とした場合、毎月5万円の返済とした場合、1年間で60万円、3年間で180万円になります。
毎月5万円の返済も簡単ではありませんが、それでも180万円しか返済できませんので、仮に借金が1800万円あるような場合は毎月50万円の返済が必要になります。
利息の有無にかかわらず返済はできません。

 

ですので任意整理に向いているのは、収入に対して3年間で分割返済できる範囲に収まる借金がある人ということになります。

 

借入期間が長い人も任意整理に向いています。利息制限法による引き直し計算をした結果、債務が減額どころか、過払い状態になっている可能性もあります。
返しても返しても借金が減らない人は任意整理を検討してみましょう。

 

友人や親族からの借金だけでも約束通りの金額をきちんと返したい場合や、自己破産をすると連帯保証人になってくれた人に迷惑を掛けたくない場合も任意整理に向いています。
任意整理は特定の債務だけ整理できるため、連帯保証人がいない借金だけを任意整理することも可能です。

 

配偶者や家族にバレることなく借金を減らしたい場合も任意整理が向いています。
依頼を終えれば基本的に弁護士や司法書士が交渉を行いますし、裁判所等から書類が送られてくることもありません。
家族に内緒にしてほしい旨を弁護士や司法書士に伝えていけば、債務者の携帯電話など他の人にばれない方法で連絡をとってもらえます。

 

任意整理手続きの流れと実際の実務について記事一覧

任意整理をしたときのクレジットカードの扱いは例外事項が多いため少し複雑です。インターネット上には様々な情報が交錯しているため、どの情報を信じていいのかわかりにくいですよね。ここでは任意整理におけるクレジットカードの扱いについてわかりやすく紹介します。▽任意整理後の生活が不安な方はこちら▽任意整理前に持っているカードを残すことはできるか?任意整理は債務整理する対象を選ぶことが出来るため、特定のクレジ...

せっかく任意整理を行って、実現可能な返済計画を立ててもらったのに、病気やケガなどの理由で収入が途絶えて再度滞納するということがあります。返す意思がありながらも返せない状態になった時のために、任意整理後の滞納についてここでは説明します。▽任意整理後の滞納が不安な方はこちら▽任意整理後に滞納するとどうなるか?任意整理をして毎月返済をしていたのに、一時的に返済できなくなった場合。まずはすぐに債権者に相談...

任意整理を行ったものの、病気やケガなどで一時的に収入が止まってしまい返済計画通りに返せなくなったり、任意整理に加えていなかった借金が膨れ上がって返済に困ることがあります。任意整理を一度行って完済したけど、また借金が増えるようなパターンもあります。そんなとき、2度目の任意整理や追加の任意整理は認めてもらえるのでしょうか。それとも自己破産や個人再生などの別の債務整理を選ぶしかないのでしょうか。ここでは...

任意整理を行うことのメリットのひとつが、取立てが止まることにあります。それでは実際、どのようにして取立てや督促が止まるのでしょうか?ここでは取り立てがどのような流れで止まるのか、そして取立てが止まることによってどのような影響がでるのかについて紹介します。▽任意整理後の生活が不安な方はこちら▽任意整理にかかる期間まずは任意整理がどれぐらいの期間をかけて行うのかにつて説明します。任意整理の期間というの...

任意整理中は取立てや借金の返済が一時的に止まりますが、それでも生活苦や突発的な出費などからまた借金をしなければいけないことがあります。このようなとき追加で借金をしてしまうことは法的には問題なのでしょうか?そして任意整理が終わった後にやはりまとまったお金が必要になった場合、どこならお金を貸してもらえるのかについて紹介します。▽任意整理後の生活が不安な方はこちら▽法的な問題はあるか?任意整理中に追加で...

任意整理を依頼し和解が成立したあとに、思わぬ収入があり一括で返済できる目処がたった場合も委任契約は続けていく必要があるのでしょうか。弁護士や司法書士の対応があまりにもずさん過ぎると感じたときに、委任契約を解除して他の弁護士や司法書士に依頼するようなことは可能なのでしょうか。任意整理後の委任契約についての基本的な考え方について紹介します。▽任意整理後の生活が不安な方はこちら▽解約できるか?まず委任契...

任意整理を依頼するときに、本当に任意整理が成功するのかそれとも失敗してしまうのか、ほとんどの人は任意整理の経験がないため不安になりますよね。そもそも任意整理が成功するとはどのような状態を言うのでしょうか。ここでは任意整理成功の目安はどこにあるのか、任意整理を成功させるためのポイントについて紹介します。▽任意整理が成功するか不安な方はこちら▽何を持って成功と言うか?成功の目安実現可能な返済計画の提案...

任意整理を行うと返済が楽になると分かっていても、自分の債務が本当に任意整理できるのかわかりませんよね。任意整理することが出来る条件がわかっていれば、弁護士や司法書士に相談しやすくなります。ここでは任意整理することが条件について説明します。自分の債務が任意整理できる対象なのか確認してみましょう。▽任意整理後の生活が不安な方はこちら▽相手先任意整理は基本的に代理人を含む当事者同士の話し合いによって、借...

任意整理は借金の元金は返済する債務整理方法ですので、返済する見込みがないと行うことができません。返済期限も無制限なわけではなく3年(36ヶ月)が基本です。この期間に返すことの出来る収入や資産がなければ任意整理ができませんが、それでは任意整理を行うのにどれぐらいの収入が必要なのでしょう?▽任意整理後の生活が不安な方はこちら▽収入・返済能力(収入・年齢など)最初に頭に入れておかなくてはいけないことは、...

任意整理は借りたお金の元金は返すことになりますので、任意整理が行われるとそこから返済生活が始まります。同じように借金をまとめて返済可能な金額で返済するおまとめローンがありますが、任意整理とおまとめローンはどこが違うのでしょうか。ここではおまとめローンと任意整理のどちらを行うべきかの判断基準や、おまとめローンと任意整理との関係について説明しますので、任意整理とおまとめローンで悩んだときの参考にしてく...