2度目の任意整理は可能?過去に債務整理歴がある場合の借金返済

任意整理を行ったものの、病気やケガなどで一時的に収入が止まってしまい返済計画通りに返せなくなったり、任意整理に加えていなかった借金が膨れ上がって返済に困ることがあります。
任意整理を一度行って完済したけど、また借金が増えるようなパターンもあります。

 

そんなとき、2度目の任意整理や追加の任意整理は認めてもらえるのでしょうか。それとも自己破産や個人再生などの別の債務整理を選ぶしかないのでしょうか。
ここでは2度目の任意整理が可能なのか、不可能なのかについて、その考え方を紹介しますので参考にしてください。

 

 

2度目の任意整理は可能か

2度目の任意整理

法律的な面から考えたときに2度目の任意整理は問題ありません。
なぜなら任意整理は「当事者同士の話し合いによって借金を解決する」ものですので、当事者同士が了承すれば何度でも任意整理することは可能になります。

 

ただし、お金を貸した側の債権者にしてみれば何度も返済計画を認めていたのではいつになったら完済してもらえるのかわかりません。
そもそも返してもらえると信用して、以後の利息をゼロにしてなんとか返済可能になるように協力したのに「やっぱり返せませんでした」を認めてくれるわけがありません。
貸した側の債権者が「2度目の任意整理を認めない」と言えば2度目の任意整理は難しくなります。

 

このケースの2度目の任意整理は、債権者との信頼関係がすべてです。
きちんと計画通りに借金の半分以上を遅れずに返し続けていれば、温情により認めてくれるケースがないわけではありません。
反対に無断で滞納などを何度も繰り返すような場合は、一括返済を要求されてもおかしくはありません。

 

違うケースとして、すでに最初の任意整理の返済を終えた後に、また借金が膨れ上がった場合はどうでしょう?

 

この場合は任意整理が認められることがほとんどです。
任意整理とはいえ約束通り借金を返したのですから、任意整理さえすれば返してくれる人という履歴があるため基本的には2度目の任意整理は認められることがほとんどです。

 

2度目の任意整理を行うまでの期間も特に定められていません。
完済さえ済んでいればその直後でも2度目の任意整理は可能です。
もっとも現実的に1度目の任意整理の返済が済むまでは借り入れも難しいですし、クレジットカードも一定期間持てません。
ですから1度目から連続して任意整理するようなケースは、次に紹介する任意整理対象外にした債務が膨れ上がってしまったパターンが多いようです。

 

追加で任意整理は可能か?

弁護士・司法書士次第

任意整理で和解して返済を進めていったものの、最初の任意整理の段階で「クレジットカードを残したい」というような考えから、任意整理の対象外にした債務が膨れ上がってしまい、追加で任意整理が必要になるケースがあります。

 

他にも借金を忘れていて、任意整理に和解してから思い出したということもありえます。
このようなとき、追加で任意整理をすることは可能なのでしょうか?

 

理想は最初から任意整理の対象にすることですが、過ぎてしまったことは仕方ありません。
この場合は追加の任意整理は可能になります。
必要であればすぐに代理人である弁護士や司法書士に連絡して追加してもらいましょう。

 

問題は返済可能額は変わらないのに、返済すべき金額が増えている場合です。
もちろんこれにかんしては依頼者である債務者が1人で悩む必要はありません。
弁護士や司法書士の方が返済可能な案を検討してくれますので、どうしようと悩んでいないでまずは代理人に相談してください。

 

追加費用に関しては弁護士事務所や司法書士事務所によって変わってきます。
追加費用が発生しないことをアピールしている事務所もあれば、追加費用を明確に提示している事務所もあります。
追加で任意整理をする場合はまず、追加費用に関しても相談してください。

 

任意整理以外の債務整理方法は複数回可能か?

自己破産は7年経過後

任意整理は借金の完済が済んでいれば何度でも可能ですが、個人再生や自己破産の場合はどうなのでしょう。

 

基本的な考え方として債務整理は何度でも可能です。
ただし、個人再生も自己破産も最初の債務整理から7年以上経過していないと2度目の債務整理をすることはできません。
2度目の自己破産をするという人も珍しい話ではありません。

 

最初の債務整理から7年と書きましたが、例えば任意整理から個人再生、任意整理から自己破産、そし個人再生から自己破産への切り替えは7年待つ必要はありません。
手続きは必要ですが弁護士や司法書士に相談すれば丁寧にサポートしてもらえます。

 

また自己破産から7年以内は再度の自己破産ができないだけでなく、個人再生も7年間は認められません。
反対に個人再生をおこなって7年以内であっても自己破産は認められます。

 

さまざまなパターンがありますが、基本的には2度目の債務整理が起こらないように計画的な生活を送るように心がけてください。
自己破産も何度でも認められているとはいえ、反省の色がない場合は裁判所も自己破産を認めないことがあります。

 

それでも借金をしてしまい返済に困ったときは、自分で抱え込もうとせずに弁護士や司法書士に相談してください。

自分の借金がどれくらい減るかわかる

街角法律相談所では、匿名で複数の事務所に相談することができます。

相談の回答はメールで受け取ることができるので、電話がかかってくることもありません。


  • 自己破産がいいのか、任意整理がいいのかまだ迷っている
  • 誰に相談して良いかわからない
こういった方は、一度試してみるといいですよ。

相談者の中には、自己破産せずに、約530万円の借金が減額された人もいます。

借金減額の成功事例をチェックする

関連ページ

任意整理後にクレジットカードはいつから作れる?ブラックリストの掲載期間
任意整理を考えた時に、クレジットカードが使えるのかまた、作れるのか気になりますよね。任意整理をしたときのクレジットカードの扱いは複雑です。状況別にわかりやすく説明していきます。参考にしてください。
任意整理中に滞納するとどうなる?自力での借金返済が困難な場合
実現可能な返済計画で返済していたのに、急な病気やケガで払えないという事が起こることもあります。任意整理後の滞納は、和解内容の無効となってしまい、困りますよね。任意整理後の滞納について詳しく説明していきます。
任意整理すると、取立てはどうなる?督促がストップするまでの流れ
精神衛生上よくない取り立てですが、任意整理をすると取り立てが止まることになります。では、任意整理をすると取り立てはどのようなタイミングで止まるのか説明していきます。
任意整理中に借金したらどうなる?借金完済後に借りられるところ
任意整理後の返済中であっても急な出費でお金が必要になることだってあります。任意整理後の返済中に借金することは可能なのでしょうか?答えは法的には問題ないが現実的には借りるのが難しいです。任意整理後の借金について詳しく説明していきます。
任意整理後に委任契約は解除できるか?債務整理をやめたい場合など
月々の借金返済額が多すぎてなかなか返せない。借金返済額が少しでも少なくなれば返すことができるのにと思っている人は多いと思います。任意整理で再度返済計画を立て直せば完済しやすくなります。任意整理の手続きについて説明していきます。
任意整理成功のポイントは?失敗するケース、依頼を断られる場合
任意整理は自己破産と違って債権者との交渉になります。借金生活を立て直すのが最大の目的ですが、弁護士や司法書士によって結果が変わってきます。任意整理の成功と失敗・依頼が断られる場合を詳しく説明していきます。
任意整理できる条件は?借金を整理したくてもできない場合もある
任意整理は全員ができるものではありません。それは、任意整理の目的は債務者と債権者が話合い完済できるように再度、返済計画を立て直すことだからです。任意整理しても返済の目処が立たないのなら意味がありません。任意整理ができる条件解説します。
任意整理に必要な年収と返済能力。専業主婦、バイト、パートの債務整理
任意整理をするには返済の目処が立たないとできません。お金を借りるときと同じで任意整理がなかなかできない属性の人もいます。任意整理の条件の基本的な考え方と任意整理がなかなかできない属性の人を紹介していきます。
任意整理とおまとめローンはどちらが良いか?返済能力や状況から判断する
月々の借金返済額が多すぎてなかなか返せない。借金返済額が少しでも少なくなれば返すことができるのにと思っている人は多いと思います。任意整理で再度返済計画を立て直せば完済しやすくなります。任意整理の手続きについて説明していきます。