任意整理中に借金したらどうなる?借金完済後に借りられるところ

任意整理中は取立てや借金の返済が一時的に止まりますが、それでも生活苦や突発的な出費などからまた借金をしなければいけないことがあります。
このようなとき追加で借金をしてしまうことは法的には問題なのでしょうか?

 

そして任意整理が終わった後にやはりまとまったお金が必要になった場合、どこならお金を貸してもらえるのかについて紹介します。

 

 

法的な問題はあるか?

債務整理中の借金

任意整理中に追加で借金をすることに対する法律上の問題はありません。
そもそも任意整理は当事者同士(もしくはその代理人)の話し合いによる借金の解決を行うことですので、そこに司法が関与することはありません。

 

もちろん貸す側にも任意整理中に貸してはいけないという決まりがあるわけではありませんので、相手を見て「返せる人」だと判断すればお金を貸すこともあります。
ただし、現実的にはまっとうな金融機関からお金を借りることはできません。

 

任意整理の依頼をした時点で弁護士や司法書士から債務整理対象となる金融機関に受任通知を送りますので、それから間もなくすると信用情報機関への登録が行われます。
この時点でブラックリストに載るわけですから、それでも貸すという金融機関はほとんどないのが実情です。

 

そうなるとヤミ金や個人からの借金ということになります。ヤミ金からの借金は決して安全な借金ではありません。
法的な問題はないにしても、あまりオススメできない借金ですよね。そのことについてもう少し詳しく見ていきましょう。

 

貸してくれるところがあれば借りてよいのか?

借りようとする前に相談

任意整理中でも借金をすることは違法ではありませんので、探せば実際にお金を貸してくれる金融機関もあります。
ヤミ金のように素性の良くない借金もあります。貸してくれるのだから借りればいい、本当にそうでしょうか?

 

任意整理中の借金でもきちんと返せるなら、その借金がバレることもほとんどありませんが、任意整理が終わった後に、現実的な返済計画に基づいて返済額が決まります。
このときに弁護士や司法書士の知らない借金があったとなると返済可能なはずの計画が破綻してしまうことがあります。

 

そして仮に追加の借金がバレると、借金をきちんと返すから返す額を減らしてねという任意整理の大前提が崩れてしまいます。
債権者によってよっては任意整理に応じないという事態も発生します。当然ですよね、他の借金は利息も払うのに、自分から借りたお金は利息を払わない。

 

そんなことを許してくれる債権者はほとんどいませんし、和解の成立を期待することが間違っています。
どう考えても任意整理中に追加で借金をするメリットはありません。どうしても目先でお金が必要になったなら担当の弁護士や司法書士に相談してください。

 

福祉資金

福祉資金

せっかく任意整理の和解が成立しても、生活苦は変わらずギリギリの生活を続けなくてはいけなかったのでは、次にまた借金をすることは目に見えています。
そうならないためのセーフティーネットのひとつが福祉資金です。

 

生活福祉資金は「低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支える」貸付制度になります。資金の使い方は限られているのですが、最大580万円まで貸付可能になります。

 

貸付対象は低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯になり、任意整理を行った人はこのうちの低所得世帯になります。
貸付には保証人が必要な場合が多く、すぐにお金を手にすることができるわけではありませんが、ヤミ金で借りるよりは断然安心して借りることのできるお金です。

 

低所得世帯の基準は市町村民税非課税程度で、連帯保証人がいる場合は無利子で連帯保証人を立てない場合は年1.5%の貸付金利子が発生します。
借りた6ヶ月後から返済が開始し、20年以内の償還が必要になります。

 

教育ローンや奨学金

教育資金

任意整理をすることで子どもの将来への影響はできるだけ少なくしたいという思い、親ならば誰でもあると思います。
そんなときに考えておきたいのが教育に関する借金です。教育に関する借金は大きく分けて2種類あります。それが教育ローンと奨学金です。

 

教育ローンは任意整理をしていると審査で断られることがあります。
教育目的とはいえ借金には違いありませんので、少なくともブラックリストに載っているあいだは教育ローンをを受けられない可能性が高いと覚えておきましょう。

 

そういうときに利用したいのが奨学金です。
こちらはそもそも経済的理由で進学できない子どもたちをサポートするためのものですので、親が任意整理をしていても借りることが可能です。
ただし、返す義務は親ではなく子どもになりますので、子どもが自分の意志で決断する必要があります。

 

最近では借りた奨学金を返せない人が増えていています。
大学を卒業した時点で500万円近く借りている状態の人もいますので、奨学金を利用する場合はしっかりと親と子で話し合ってから利用するようにしてください。

 

その他

大手金融機関が貸してくれなくても、中小の消費者金融ならお金を貸してくれることもあります。
これは中小の消費者金融は貸付条件を緩くしなければ、ほとんどの利用者を大手金融機関奪われてしまうためです。
借りやすく、貸しやすくしておくことで大手金融機関に対抗しています。

 

このような中小の消費者金融は信用情報機関に金融事故の履歴があっても、年収がしっかりしている場合や安定した職についている人に対しては独自の基準を使って判断をしているため、任意整理後であってもお金を借りることが可能です。

 

借りやすいからといってヤミ金から借りるようなことだけは避けてください。
ヤミ金から借りて生活を立て直せた人はほとんどいません。むしろ自己破産へとつながるケースのほうが圧倒的に多いため、ヤミ金からは絶対にお金を借りないように気をつけてください。

自分の借金がどれくらい減るかわかる

街角法律相談所では、匿名で複数の事務所に相談することができます。

相談の回答はメールで受け取ることができるので、電話がかかってくることもありません。


  • 自己破産がいいのか、任意整理がいいのかまだ迷っている
  • 誰に相談して良いかわからない
こういった方は、一度試してみるといいですよ。

相談者の中には、自己破産せずに、約530万円の借金が減額された人もいます。

借金減額の成功事例をチェックする

関連ページ

任意整理後にクレジットカードはいつから作れる?ブラックリストの掲載期間
任意整理を考えた時に、クレジットカードが使えるのかまた、作れるのか気になりますよね。任意整理をしたときのクレジットカードの扱いは複雑です。状況別にわかりやすく説明していきます。参考にしてください。
任意整理中に滞納するとどうなる?自力での借金返済が困難な場合
実現可能な返済計画で返済していたのに、急な病気やケガで払えないという事が起こることもあります。任意整理後の滞納は、和解内容の無効となってしまい、困りますよね。任意整理後の滞納について詳しく説明していきます。
2度目の任意整理は可能?過去に債務整理歴がある場合の借金返済
任意整理をしたけれども、任意整理をしていなかった借金の任意整理がしたいと考える人もいると思います。一度、任意整理をすると2回目はできないのでしょうか。1度目の任意整理をする人も気になりますよね。2度目の任意整理について詳しく説明します。
任意整理すると、取立てはどうなる?督促がストップするまでの流れ
精神衛生上よくない取り立てですが、任意整理をすると取り立てが止まることになります。では、任意整理をすると取り立てはどのようなタイミングで止まるのか説明していきます。
任意整理後に委任契約は解除できるか?債務整理をやめたい場合など
月々の借金返済額が多すぎてなかなか返せない。借金返済額が少しでも少なくなれば返すことができるのにと思っている人は多いと思います。任意整理で再度返済計画を立て直せば完済しやすくなります。任意整理の手続きについて説明していきます。
任意整理成功のポイントは?失敗するケース、依頼を断られる場合
任意整理は自己破産と違って債権者との交渉になります。借金生活を立て直すのが最大の目的ですが、弁護士や司法書士によって結果が変わってきます。任意整理の成功と失敗・依頼が断られる場合を詳しく説明していきます。
任意整理できる条件は?借金を整理したくてもできない場合もある
任意整理は全員ができるものではありません。それは、任意整理の目的は債務者と債権者が話合い完済できるように再度、返済計画を立て直すことだからです。任意整理しても返済の目処が立たないのなら意味がありません。任意整理ができる条件解説します。
任意整理に必要な年収と返済能力。専業主婦、バイト、パートの債務整理
任意整理をするには返済の目処が立たないとできません。お金を借りるときと同じで任意整理がなかなかできない属性の人もいます。任意整理の条件の基本的な考え方と任意整理がなかなかできない属性の人を紹介していきます。
任意整理とおまとめローンはどちらが良いか?返済能力や状況から判断する
月々の借金返済額が多すぎてなかなか返せない。借金返済額が少しでも少なくなれば返すことができるのにと思っている人は多いと思います。任意整理で再度返済計画を立て直せば完済しやすくなります。任意整理の手続きについて説明していきます。