任意整理中に滞納するとどうなる?自力での借金返済が困難な場合

せっかく任意整理を行って、実現可能な返済計画を立ててもらったのに、病気やケガなどの理由で収入が途絶えて再度滞納するということがあります。
返す意思がありながらも返せない状態になった時のために、任意整理後の滞納についてここでは説明します。

 

任意整理後に滞納するとどうなるか?

一括請求される

任意整理をして毎月返済をしていたのに、一時的に返済できなくなった場合。
まずはすぐに債権者に相談してください。事情によっては滞納をなかったことにしてもらえるケースもあります。
ただし、リストラなどにより長期に渡って返済が難しい場合は違う債務整理方法についても検討しなくてはいけません。

 

無断で2ヶ月以上連続して滞納が発生した場合は「和解内容の無効」となります。
和解内容が無効になると、債権者は返済金の一括請求や、督促、遅延損害金の請求をすることが出来るようになります。
100万円の返済で和解となったときに、残金が50万円まで減った段階で遅延が発生したとします。
債権者はこの50万円を一括請求することが認められています。

 

一括返済できないから任意整理になったわけですから、一括請求をするのではなく、残金の50万円に対して利息となる遅延損害金を加えて返済を継続する場合もあります。

 

ただし、2ヶ月の滞納があっても事情をきちんと相談をし、以後の支払いを再開することで分割払いの継続をさせてくれる債権者がほとんどです。
2回滞納したら即ペナルティというわけではありませんので、諦めることなく可能な限り早く相談し返済を進めていくようにしてください。

 

それでも今後の返済が出来ない場合は、任意整理を諦めるしかありません。
この段階ですと個人再生か自己破産を選ぶことになります。
まずは任意整理を依頼した弁護士や司法書士に再度相談するところから始めましょう。

 

代理人に辞任されたら?

代理人に辞任されたら

任意整理が決まった後に、滞納を繰り返したり任意整理の報酬に対して未払いがあるような場合、代理人が辞任してしまうことがあります。
弁護士や司法書士の仕事は任意整理が終わった段階で終了しているのですが、実際は完済までのサポートをしてくれることがほとんどです。
弁護士事務所によっては煩わしい債権者への返済を代理で行ってくれる事務所もあります。

 

辞任するということは、これらのサポートをすべて受けられなくなり、しかも個人再生や自己破産の相談も受けられなくなるため、新しい弁護士を探すところから始めなくてはいけません。

 

ちなみに将来的な返済が可能であっても、2度目の任意整理が認められることはほとんどありませんので、代理人が辞任するような場合は、新しい弁護士や司法書士に任意整理ではなく個人再生か自己破産前提での債務整理を相談することになります。

 

ただし代理人が辞任をするケースは依頼人である債務者との連絡が取れなくなったときがほとんどです。
連絡が取れるかぎり、報酬の未払いがあっても基本的には辞任にまではいたりません。
むしろ一緒になって最善の策を考えてくれます。

 

ですので、報酬の未払いは返済金の滞納が発生した時には代理人からの連絡から逃げずに、必ず連絡が取れる状態にしておきましょう。

 

それでも代理人に辞任されたような場合は、すぐに新しい弁護士や司法書士を探してください。
代理人がいない期間は自分で債権者との交渉をしなくてはいけなくなりますので、早急な対応が必要になります。

 

滞納後に返済の意思がある場合

延滞を認めてくれることも

滞納後してしまったとはいえ、返済の意思がある場合はまずは弁護士に相談してください。
不意の滞納の場合は滞納後できるだけ早く、滞納が事前にわかっている場合は滞納する前に相談してください。

 

滞納する前であれば弁護士や司法書士から債権者に連絡してもらい、延滞の依頼をしてもらえることもあります。
もちろん断られることもありますが、延滞を認めずに自己破産されてしまった場合は、1円も回収できなくなってしまうため、延滞を認めてくれることもあります。

 

ただし、返済の意思があっても収入が途絶えているような場合は延滞を認めてくれることはありません。
任意整理を行った段階ですでに債権者からしていれば一度約束を破られているわけです。返すあてもないけど返したいと言っても当然信用してもらえません。

 

返済の意思があり、返済のあてもあるような場合に限り「延滞を認めてくれることもある」のだと考えてください。

 

また都合の付く範囲で返済金の一部を支払うということも必要になります。
毎月の返済が3万円だったとして、3万円は払えないけど1万円ならなんとかなるような場合、事情を説明してまずは1万円を返済するようにしてください。

 

とにかく返す意思を見せ、行動としても出来る範囲の対応をすることが必要です。
返せないのだから仕方がないだろうの態度では債権者も代理人も納得してくれません。

 

滞納しても返済の意志がある場合は、まずは債権者もしくは代理人にすぐに連絡をしてください。
連絡もせずに放置することが最も避けるべき行動になります。
そして返せる範囲で返済を続けていくことが重要です。

自分の借金がどれくらい減るかわかる

街角法律相談所では、匿名で複数の事務所に相談することができます。

相談の回答はメールで受け取ることができるので、電話がかかってくることもありません。


  • 自己破産がいいのか、任意整理がいいのかまだ迷っている
  • 誰に相談して良いかわからない
こういった方は、一度試してみるといいですよ。

相談者の中には、自己破産せずに、約530万円の借金が減額された人もいます。

借金減額の成功事例をチェックする

関連ページ

任意整理後にクレジットカードはいつから作れる?ブラックリストの掲載期間
任意整理を考えた時に、クレジットカードが使えるのかまた、作れるのか気になりますよね。任意整理をしたときのクレジットカードの扱いは複雑です。状況別にわかりやすく説明していきます。参考にしてください。
2度目の任意整理は可能?過去に債務整理歴がある場合の借金返済
任意整理をしたけれども、任意整理をしていなかった借金の任意整理がしたいと考える人もいると思います。一度、任意整理をすると2回目はできないのでしょうか。1度目の任意整理をする人も気になりますよね。2度目の任意整理について詳しく説明します。
任意整理すると、取立てはどうなる?督促がストップするまでの流れ
精神衛生上よくない取り立てですが、任意整理をすると取り立てが止まることになります。では、任意整理をすると取り立てはどのようなタイミングで止まるのか説明していきます。
任意整理中に借金したらどうなる?借金完済後に借りられるところ
任意整理後の返済中であっても急な出費でお金が必要になることだってあります。任意整理後の返済中に借金することは可能なのでしょうか?答えは法的には問題ないが現実的には借りるのが難しいです。任意整理後の借金について詳しく説明していきます。
任意整理後に委任契約は解除できるか?債務整理をやめたい場合など
月々の借金返済額が多すぎてなかなか返せない。借金返済額が少しでも少なくなれば返すことができるのにと思っている人は多いと思います。任意整理で再度返済計画を立て直せば完済しやすくなります。任意整理の手続きについて説明していきます。
任意整理成功のポイントは?失敗するケース、依頼を断られる場合
任意整理は自己破産と違って債権者との交渉になります。借金生活を立て直すのが最大の目的ですが、弁護士や司法書士によって結果が変わってきます。任意整理の成功と失敗・依頼が断られる場合を詳しく説明していきます。
任意整理できる条件は?借金を整理したくてもできない場合もある
任意整理は全員ができるものではありません。それは、任意整理の目的は債務者と債権者が話合い完済できるように再度、返済計画を立て直すことだからです。任意整理しても返済の目処が立たないのなら意味がありません。任意整理ができる条件解説します。
任意整理に必要な年収と返済能力。専業主婦、バイト、パートの債務整理
任意整理をするには返済の目処が立たないとできません。お金を借りるときと同じで任意整理がなかなかできない属性の人もいます。任意整理の条件の基本的な考え方と任意整理がなかなかできない属性の人を紹介していきます。
任意整理とおまとめローンはどちらが良いか?返済能力や状況から判断する
月々の借金返済額が多すぎてなかなか返せない。借金返済額が少しでも少なくなれば返すことができるのにと思っている人は多いと思います。任意整理で再度返済計画を立て直せば完済しやすくなります。任意整理の手続きについて説明していきます。