自己破産したら賃貸マンション・アパートは借りれる?保証人は?

自己破産をしたときに、まず心配になるのが今後の生活ですよね。

 

食べていくことはできる?アパートやマンションの部屋を借りることができる?

 

そもそも、いま借りている部屋を追い出されたりしないだろうかと不安になることだらけですよね。

 

自己破産が成立してもその後の生活ができなければ、また借金を積み重ねてしまうのではないだろうかという考えから、自己破産に踏み切れないケースがあります。

 

そんな不安を解消するために、ここでは自己破産をした後の賃貸マンション・アパートの契約について紹介します。

 

 

家賃滞納がない限り退去はない

退去しなくていい

まず現在すでに賃貸マンションやアパートで暮らしている場合は、どうすればよいかを説明します。

 

基本的には「退去する必要はありません」このことを頭に入れておきましょう。

 

定められた家賃を払っているかぎり、自己破産を理由に賃貸借契約の解除はできません。

家賃滞納なら退去も

問題は「家賃を滞納している場合」です。

 

家賃の滞納は賃貸借契約の解除の理由としては正当性があります。

 

大家さんも慈善事業をしているわけではありません。

 

家賃を払ってもらえない場合、大家さんの生活が苦しくなることもありますので、部屋を貸す側の当然の権利です。

 

ちなみに滞納している家賃は、自己破産成立後には免責の対象になります。

 

ただし、自己破産後も継続して住み続けたい場合は、家賃を支払わなくてはいけないケースもあります。

 

法的には免責になったことで退去させられることはありませんが、滞納をした事実は残ります。

 

滞納をしていないなら「滞納しそうだから退去して欲しい」は認められません。

 

ただし、滞納をした場合、「仕方がない、これからはしっかりと払ってね」となるか「また滞納されては困るから退去しててほしい」となるかは、大家さんの判断に委ねることになります。

 

引っ越し先での入居もOK。ただしクレカ払いはできない

不動産屋は自己破産わからない

退去させられることがなくても、明らかに払えなくなるような家賃だった場合、引っ越しする必要があります。

 

そのようなときは新規で契約をすることになります。

 

そんなとき審査が通るか不安ですよね。

 

安心してください。自己破産をしたという情報を不動産会社が入手することはできません。

 

定職に就いている場合は、審査に落ちることはほとんどありません。

 

ただし、家賃の支払がクレジットカード払いのみの場合、自己破産者はしばらくクレジットカードを作ることができないので、その不動産会社から部屋を借りることは難しくなります。

 

また、クレジットカード利用することで、保証人をつける必要がなくなるというシステムの不動産もあります。

 

その場合も、クレカが使えませんので、信用のある保証人を探す他ありまっせん。

 

家族や親戚・友人の保証人になれる?

 

自分が賃貸物件を契約するのではなく、親族が賃貸契約をするときに「保証人になってほしい」と頼まれたらどうでしょう。

 

保証人になれると思いますか?それともなれないと思いますか?

 

自己破産をしている人でも賃貸契約の保証人にはなれます。

 

ブラックリスト状態にあるため、お金を借りるときの保証人なることができません。

 

しかし、賃貸住宅には、金融の信用情報とは無関係です。

 

そのため、一般的な賃貸契約の場合は、自己破産情報を調査することはありません。

 

ただし、家賃の支払がクレジットカードである場合は、クレジットカード会社が調査します。

 

そのため自己破産をしていることが不動産会社に伝わり、保証人になれないケースがあります。

 

このような場合は、賃借人本人がクレジットカードを使用しない不動産会社で賃貸マンションやアパートを探す、もしくは、他の誰かに保証人を頼む、この2つしかありません。

 

自己破産をしても、賃貸契約の保証人にはなれる

賃貸契約の保証人

自己破産をすると、子どもが賃貸契約をするときに、保証人になることができなくなると考えて、自己破産をためらう人もいます。

 

自己破産をしていても保証人にはなれますし、むしろ自己破産をせずに家計の収支が悪化している状態で保証人になっても、何かあったときに実際に保証することができなくなるだけです。

 

それよりも自己破産を行い、毎月コツコツとお金を貯められる環境を作った人のほうが返済能力が高くなります。

 

少なくとも賃貸契約の保証人という面だけ考えたとき、子どものために自己破産をしないよりも、子どものために自己破産をするほうがメリットがあるということを覚えておきましょう。

 

 

自分の借金がどれくらい減るかわかる

街角法律相談所では、匿名で複数の事務所に相談することができます。

相談の回答はメールで受け取ることができるので、電話がかかってくることもありません。


  • 自己破産がいいのか、任意整理がいいのかまだ迷っている
  • 誰に相談して良いかわからない
こういった方は、一度試してみるといいですよ。

相談者の中には、自己破産せずに、約530万円の借金が減額された人もいます。

借金減額の成功事例をチェックする

関連ページ

自己破産後、免責許可決定までの手続きの流れ
自己破産をすれば借金が帳消しになるように思っていませんか?法人の場合は法人が解散になるので帳消しになるのですが、個人の場合だと免責許可が出ないと返済義務はなくなりません。詳しく解説していきます。
自己破産費用について破産申し立てや弁護士費用など
自己破産にかかる費用?お金がないから自己破産をするのにと思うと思います。しかし、法的な処理をするわけですからまずは印紙代などの費用が必要です。また、弁護士・行政書士に依頼するわけですから報酬も必要です。自己破産費用について解説します。
自己破産したら年金はどうなる?破産後の受給資格や差し押さえなど
自己破産を考えた時に、残りの人生も考えると気になるのが老後の生活。老後といえば年金がどのようになるのか気になると思います。自己破産した場合、公的年金資格は?奪はありません。ただ、落とし穴があるので注意が必要です。詳しく説明していきます。
自己破産の保証人への影響。支払い義務や、返済能力がない場合
借金をした時に保証人・連帯保証人になってもらった人はいませんか?保証人・連帯保証人がいる場合、自己破産は本人だけの問題ではなくなります。これ以上迷惑をかけないためにも保証人・連帯保証人の人にも配慮が必要です。詳しく解説していきます。
自己破産と仕事・転職への影響。就けない職業、取れない資格はある?
自己破産後の仕事への影響は、気になりますよね。せっかく借金がなくなっても、仕事ができなかったらまたお金に困ってしまいます。免責許可が取れるまでは一部の仕事には影響がありますが、ほとんどの仕事には影響ありません。詳しく説明していきます。
自己破産したら海外旅行の自由は?パスポートも取得できる?
自己破産をするとパスポートが取得できない等の情報がありますが、それは嘘です。自己破産の手続き中には、申請者の所在がわかるようにしなければいけませんので、手続き中は、旅行するのにも裁判所の許可は必要です。自己破産後の海外での影響を説明します。
事業主が自己破産したらどうなる?破産後の継続や新規開業への影響
事業主が自己破産するとその事業を継続してはいけないという法律はありません。ただし、自己破産をすると事務所の契約や雇用契約を終了しないといけません。また、仕事道具も差押えの対象です。それでも、続けれるのであれば何も問題ありません。説明します。
家族・旦那が自己破産したら。身内や子供への影響はどうなる?
自己破産をしたら配偶者や親に影響があるのか心配ですよね。何かあるのではとためらってしまいますよね。連帯保証人になってもらっているのなら影響はあります。子供がまだ学生なら影響はあります。詳しく説明します。