自己破産をした後に、友人に海外旅行に誘われたけど、パスポートって自己破産をしても持つことが出来るのかな?そんな悩みを持っていませんか。

 

噂では自己破産をした人はパスポートの取得ができないと聞いたことある人いますよね。

 

実際のところはどうなのでしょう。本当に自己破産をしたパスポートの取得ができないのでしょうか。

 

それでもただの噂でしょうか。自己破産後のパスポートの取得について「本当のところ」を紹介します。

 

 

パスポート取得は可能?

パスポート

自己破産をしてもパスポートの取得は可能です。

 

何の問題もありません。自己破産の免責が決定すれば、自己破産をした人も当たり前の日常を取り戻すことが出来ます。

 

クレジットカードを持つことだけが、世の中の仕組みから難しくなりますが、その他にマイナスになるようなことはほとんどありません。

 

ではなぜパスポートの取得が出来ないという噂があるのでしょう?火のないところに煙は立たないわけですから、噂とはいえ無視するわけにはいきません。

 

まず第一の理由として、破産宣告をしてから免責が決定するまでの間は「勝手に住所を変えたり、旅行に行ってはいけない」というルールがあるためです。

 

事前に裁判所の許可を取れば旅行は可能ですし、そもそもこのルールは自己破産したけど精算すべき資産もある管財事件のみに適用されます。

 

ただし、免責前の海外旅行を止める理由はありませんが、海外旅行に行くお金があるなら借金を少しでも返すのが筋です。

 

海外旅行に行きたい場合は、道義的にも免責が決定するまでは待ちましょう。

 

もちろん海外出張であれば会社のお金で行くわけですから、裁判所の許可申請をすれば問題なく行くことが出来ます。

 

第二の理由としては、一定の犯罪歴がある場合パスポートの取得ができないというルールがあります。

 

自己破産は犯罪ではありませんので、もちろんこのルールが適用されることはありません。一部の人が自己破産を犯罪だと思っているために起こる誤解です。

 

海外旅行は自由に可能?

入国拒否はない

それでは実際に海外旅行に行って困ることはないのでしょうか?

 

まず入国拒否されるということはありません。

 

パスポートに自己破産の履歴が残るわけでもありませんし、自己破産は犯罪でもありません。ですので入国で自己破産が問題が発生することはありません。

 

ただし、アメリカに入国するにはESTAという入国申請が必要です。

 

インターネット上で申請できるので誰でも簡単に行えるのですが、問題は支払い方法がクレジットカードだということです。

 

自己破産をしていますから、クレジットカードを持っていませんよね。

 

でも安心してください。クレジットカードを持っていない人が全員アメリカに入国できないわけではありません。

 

クレジットカードは本人のものでなくてもよいので、家族や親戚のクレジットカードでも問題ありませんし、旅行代理店に依頼しても問題ありません。

 

でも一番いい解決方法はデビットカードの発行です。

 

デビットカードであればクレジットカードと同等の使い方ができます。

 

ただ、銀行口座に預金残高がなければ使えないというだけのものですので、ESTAの申請にデビットカードを使えば問題ありません。

 

実際に海外旅行をするときもクレジットカードがないと不便な場面が度々発生します。

 

海外旅行に行く場合は、クレジットカードと同等の役割を果すデビットカードを1枚作っておくとよいでしょう。

 

海外での就労は自由に可能?

海外就労

海外に行くことは問題なくても、海外で就労するというのはどうでしょう。

 

海外勤務を命じられたり、海外の友人に一緒に働かないかと誘われたりと、就労にいたるまではそれぞれありますが、自己破産している人でも海外で就労することか可能なのでしょうか?

 

これも何の問題もありません。免責が決定すれば基本的には自由の身で、一般的な暮らしの中で、何かを制限されることはありません。

 

免責が決定すれば、自由に世界を舞台に活躍するチャンスが与えられています。

 

自己破産したことを反省することは大切です。

 

ただ、自己破産で制限されることはほとんどありません。しっかり地に足をつけていれば海外旅行も海外就労も可能だということを頭に入れておきましょう。

自分の借金がどれくらい減るかわかる

街角法律相談所では、匿名で複数の事務所に相談することができます。

相談の回答はメールで受け取ることができるので、電話がかかってくることもありません。


  • 自己破産がいいのか、任意整理がいいのかまだ迷っている
  • 誰に相談して良いかわからない
こういった方は、一度試してみるといいですよ。

相談者の中には、自己破産せずに、約530万円の借金が減額された人もいます。

借金減額の成功事例をチェックする

関連ページ

自己破産後、免責許可決定までの手続きの流れ
自己破産をすれば借金が帳消しになるように思っていませんか?法人の場合は法人が解散になるので帳消しになるのですが、個人の場合だと免責許可が出ないと返済義務はなくなりません。詳しく解説していきます。
自己破産費用について破産申し立てや弁護士費用など
自己破産にかかる費用?お金がないから自己破産をするのにと思うと思います。しかし、法的な処理をするわけですからまずは印紙代などの費用が必要です。また、弁護士・行政書士に依頼するわけですから報酬も必要です。自己破産費用について解説します。
自己破産したら年金はどうなる?破産後の受給資格や差し押さえなど
自己破産を考えた時に、残りの人生も考えると気になるのが老後の生活。老後といえば年金がどのようになるのか気になると思います。自己破産した場合、公的年金資格は?奪はありません。ただ、落とし穴があるので注意が必要です。詳しく説明していきます。
自己破産の保証人への影響。支払い義務や、返済能力がない場合
借金をした時に保証人・連帯保証人になってもらった人はいませんか?保証人・連帯保証人がいる場合、自己破産は本人だけの問題ではなくなります。これ以上迷惑をかけないためにも保証人・連帯保証人の人にも配慮が必要です。詳しく解説していきます。
自己破産したら賃貸マンション・アパートは借りれる?保証人は?
自己破産を考えた時に費用もですが、自己破産後の生活も心配ですよね。賃貸の場合、自己破産後も退去する必要はありません。ただし、滞納している場合は退去させられる可能性はあります。自己破産後の住まいの確保について説明していきます。
自己破産と仕事・転職への影響。就けない職業、取れない資格はある?
自己破産後の仕事への影響は、気になりますよね。せっかく借金がなくなっても、仕事ができなかったらまたお金に困ってしまいます。免責許可が取れるまでは一部の仕事には影響がありますが、ほとんどの仕事には影響ありません。詳しく説明していきます。
事業主が自己破産したらどうなる?破産後の継続や新規開業への影響
事業主が自己破産するとその事業を継続してはいけないという法律はありません。ただし、自己破産をすると事務所の契約や雇用契約を終了しないといけません。また、仕事道具も差押えの対象です。それでも、続けれるのであれば何も問題ありません。説明します。
家族・旦那が自己破産したら。身内や子供への影響はどうなる?
自己破産をしたら配偶者や親に影響があるのか心配ですよね。何かあるのではとためらってしまいますよね。連帯保証人になってもらっているのなら影響はあります。子供がまだ学生なら影響はあります。詳しく説明します。